カードローンの審査の厳しさ

お金を借りることのできるのは銀行のカードローンや消費者金融、クレジット会社などのノンバンクになると思います。銀行の審査は時間がかかり、しかも厳しいと言われています。金利は低く設定されています。

消費者金融は審査には時間があまりかかりません。審査は銀行に比べれば厳しくありません。金利は高く設定されています。貸金業法が改定されて、消費者金融では総量規制が導入されました。

総量規制とは年収の3分の1以上の借り入れが規制されるというものです。例えば年収が300万円の場合は100万円以上の借り入れができないということです。

総量規制は例外もあるので、全ての場合に年収の3分の1以上の借り入れができないというわけではありませんが、100万円以上借りたいという場合は困りますよね。

お金を借りるときにわからないことがあったらカスタマーセンターに聞いてみるといいかもしれません。いいタイミングでお金を借りることができるといいですよね。

 

組合加入や定休日を確認する

質屋で借りる場合は、必ず物品が必要になります。スポット的に、とりあえず品物を預けるシステムになるからです。

基本的には預けた物品に対する鑑定手続きが行われます。それなりに金額が高い品物の方が、多く借りれるシステムなのです。したがってブランドの時計などは、それなりに多く借りれる傾向があります。ただし遅延が発生してしまった時には、それが売却される事になりますので要注意です。やはり遅れない事が大切です。

それと借りる時には、やはり定休日などは確認しておく方が良いでしょう。全てのお店は、日曜日に営業しているとは限りません。二度手間などを防ぐ為にも、事前に電話連絡などを行っておく方が無難と言えます。

それともう1つ確認すべき点は、組合に対する加入です。そもそも信頼できるお店ならば、どこか組合などに入っているはずです。逆に入っていなければ、少々信用面に欠ける可能性があります。したがってお店で借りる前に、加入有無などは確認すると良いでしょう。

 

借用書を手書きで書くなら読める字で書く

借用書を手書きで書くのはかなり大変かもしれません。手書きだと、何を書いているのか読めないということがあります。人それぞれに字の上手さは違っていますので、字の上手ではない人が書いた借用書は読むのが大変ということになります。

借用書を書くためには文章力はそれほど必要なく、内容が分かればかまいません。書くための注意事項は、他の借用書を参考にすれば分かりますのでこちらも問題ないでしょう。また、書いた借用書を封筒に入れて渡すこともできますし、FAXで送ることもできます。

FAXで借用書を送るとインクの量によってきれいな状態で送られているか変わってきます。送る方としましては相手側のFAXのインクの状態まで知ることはできませんので気をつけようがありません。

FAXで送るということはそんなこともあるということを考えておくとよいでしょう。いずれにしても、借用書を手書きで書くなら読める字でしっかりと書くことが大切です。

Published by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA